· 

人生2回目の講演

12月15日に大分で人生2回目の講演をしました。タイトルは「公正な支援・配慮とは?」目的はディスレクシアを持つ塾生のビデオメッセージを通して、ディスレクシアの子がどのような思いを持っているのかを伝えることと、英検での配慮申請における過程と結果を報告、公正な配慮について一緒に考えてもううことでした。

 聞いている方の多くが学校関係者の方だったので、塾生のメッセージを受け止め、それぞれの学校の支援につながればいいなと思っています。

 大きな失敗はディスレクシアを知ってる前提で話していたのですが、ディスレクシアについて学校現場の方にそれほど浸透していないことでした。もっと基本的なことから話すべきでした。これから先、話す機会があるかどうかわかりませんが、そこを気をつけようと思います。「ディスレクシアとは何なのか」をまず知ってもらう段階なんだと痛感しました。道のりは長いです。