理科も数学も読解力が必要

数学ができない子は、「数学が苦手だ」と言われ、理科ができないと「理科が苦手だ」と言われます。しかし、よく観察すると、文章の読解力がなく、書かれている文の意味がわからないために、問題が解けないという場面をよく目にします。理科も数学も理系科目ですが、ベースは国語力なのです。文章を読み解き、公式にあてはめ、計算していきます。読解力がなければ、どの公式を使えばいいのか、わからないのです。小学校の算数も同じです。文章問題でつまづいているお子さんは、文章の意味を理解しているでしょうか。教科書の意味がわかっているでしょうか。根本的なところを確認していく必要があると思います。