· 

生きる力を養うのが教育

この記事の「困難にぶつかったり、転んだりしても、自分で立ち上がれるように」と言う言葉、教育でとても重要なことだと思います。困難にぶつからないように、転ばないように、周りが先回りしていると、自分で立ち上がれる力は育ちません。教育とは、困難にぶつかった時に、どうすればいいのか自分で考え、行動する力、周りに助けを求められる力、人が困難にぶつかっているときに、その人の身になって考えられる力、転んだときに自分で起き上がる力、人が転んだときに、その痛さをわかろうとする力を本人が身につけるサポートをすることだろうと思います。ことば塾に来る子どもにも、そんな力を身につけてほしいと思います。そのために全力でサポートしていく覚悟です。