· 

「情報局」を作りました!

学校から「日本語教育が必要」と判断されたにもかかわらず、指導を受けられていない児童生徒が全国で1万人。実際にはそれ以上だと考えられます。支援ができない理由の一つが「指導法が分からなかったり教材がなかったりする」というものです。そこで、日本語教師としてできることの一つとして、情報提供を考えました。「学習障害」と「外国人児童・生徒」の2つに分けていますが、どちらにも使えそうな教材も多いです。この情報が、日本のどこかで、日本語の指導を受けられていない児童生徒に届くことを願っています。