· 

わからない言葉の中で座っている子どもの気持ちは?

日本の学校、特に公立学校に通っている海外ルーツの子どものほとんどは、自分の意志で日本に来たわけではありません。親の都合で日本に連れて来られたのです。そして、何の支援もなく、わからない言葉の中に長時間座っていなければならない子どもたちはどんな気持ちなんでしょう?支援ができない理由は、「日本語指導を行う指導者がいない」「教室や時間の確保が困難」「指導法が分からなかったり教材がなかったりする」などだそうです。学校の先生って、日本人の生徒専門ですか?教材がないって、本当にそうですか?ダウンロードできる教材はけっこうありますよ。指導法が分からないなら、指導法を知っている人を探せばいいのでは?学校の先生なら、よくわかるはずです。「子どもの成長は待ってくれない」ということを。支援できない理由を探すより、日本語のわからない子どもがいるクラスで、どうすれば子どもが孤立しないですむのか、どうすれば少しでも日本語が理解できるようになるのか、を考えてほしいです。「おはよう」「ありがとう」などの簡単な言葉をその子の母語で何と言うのか、クラスで調べてみるのはどうでしょう。言葉がわからないのであれば、視覚的なヒントを使うのはどうでしょう。日本語がわからない子を教えるの日本語教師の仕事だと考えている限り、支援を受けられない子どもは減りません。