· 

マラソン小出監督の言葉

「押し付けたって人は伸びないのよ。面白いな、楽しいなと、指導者も一緒になって楽しむこと。マラソンのトレーニングなんて命を削るようなものなんだから。駆けっこは、面白いな、楽しいなって思わないと、やらす方だってやっていられない。根性は大事だけど、日本の教育って、そういうところが、ちょっと抜け落ちているよな」

マラソンはしたことがありませんが、小出監督のことは知っています。左の言葉は小出監督の発言だそうです。この言葉、本当にそうだなと思います。勉強することを押し付けなくても、「面白いな、楽しいな」と子どもが思えば、自ら勉強するようになるでしょう。それには、「指導者も一緒になって楽しむこと」が必要不可欠だと思います。自分は子どもと一緒になって勉強を楽しんでいるのか?改めて自問自答してみると、自信を持って「はい」と言えない自分がいます。「子どもと一緒になって楽しもう!」言うのは簡単ですが、実践はなかなか難しいです。